仕事中毒-概要-


申し訳ございません。
現在工事中です

社会的動物である人は社会において、労働し、生活に必要なその対価を得る。 この労働は 1. 単純に労役を提供するもの 2. 自身の能力を提供するもの 3. 学習などの結果から培われた経験を提供するもの 4. その人の持つ身体能力や容姿を提供することによるもの など、様々な形態が存在する。 現代のいわゆる「仕事」の中には、当人が自尊心を維持する上で、きわめて重要な位置付けを成されているものも多く、当人が当人としての存在意義にもなっている場合も見られる。 当人を当人たらしめる個性は、その人に属するものであるが、これを発揮させることは当人の精神衛生上、良好な影響を与えうる。すなわち、人は自身の個性を発揮できることに喜びを見出す訳であるが、これが趣味その他の上ではなく、仕事の上で個性を発揮する場合もある。 つまり、仕事が当人にとって個性を主張する場であり、仕事こそが当人に喜びを与える場であり、仕事によって当人は当人であることを認識し、仕事があるからこそ当人は当人であり続けられる(ゆえに、万が一にも失職すると、人生そのものに絶望するケースも見られる)。 この意欲を掻きたてられることにより当人は良く働くのだが、これによって本来、当人が属するであろう仕事以外の共同体(たとえば家庭・家族など)への参加意欲が損なわれる場合もある。こうなってくると、それは病的であるとして、また仕事に依存しているとして、中毒と形容される。 いわゆる仕事中毒と形容される状態では、家庭を顧みず、自身の健康も省みず、挙句、過労死で死に至ることすら厭わないという事態にもなり、結果的に当人が受け持っていた仕事の遂行も侭成らなくなる一方で、当人の得ていた労働対価に依存して生活していた家族が貧窮したりすることもある。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

便秘 酸素カプセル 二の腕 ダイエット ネット 株 デトックス ドライアイ 黒酢 白髪 コレステロール コラーゲン